第5章 ベートーヴェンと第九に親しむ




高崎の第九のホームページ
ニュース・トピックス
団員募集
練習会場
コンサートへ行こう
合唱団について
リンクと外部情報
高崎第九合唱団のあゆみ
指導者のあゆみ
イベントスケジュール
第九演奏会のあゆみ
メドレーのあゆみ
メイコンサートのあゆみ
海外公演の記録
チケットセンター
ベートーヴェンについて
ベートーヴェンの第九とは
たいむずのページ
携帯サイト

第2節 ベートーヴェンの肖像画


第5章 ベートーヴェンと第九に親しむ

ベートーヴェンの肖像画

ベートーヴェンの肖像画

W・J・メーラー作(油彩1804-05年)
4枚の肖像画のうち最初のもの。彼自身が所持し、死後甥の
所有となった。

ヨーハン・ナイドル作(銅版画)
シュタインハウザーの油絵を元にして作られた。

ベートーヴェンの肖像画

ベートーヴェンの肖像画

ホルネマン作(象牙細密画、1803年)ベートーヴェン自身この
肖像画を気に入っていたらしく一時仲たがいしていたブロイニング
に手紙を添えてこの絵を贈っている。

イージドール・ノイガス作
(油彩1806年)

ベートーヴェンの肖像画 ベートーヴェンの肖像画

ヘーフェル作(銅版画、1814年)
フランス人画家ルイ・レトロンヌの鉛筆画が原画となっている。
1816年アントニーに贈っている。

ヴィリボード・ヨーゼフ・メーラー作
(油彩、1815年)〜ベートーヴェンの母と同じエーレンブライトシュ
タイン出身のこの画家は彼に気に入られ何点も彼の肖像を描い
ている。

ベートーヴェンの肖像画

ベートーヴェンの肖像画

ヨハン・クリストフ・ヘッケル作
(油彩1815年)

フェルディナント・シモン作
(油彩1818年)

ベートーヴェンの肖像画

ベートーヴェンの肖像画

シュテファン・デッカー作(パステル画1824年)ベートーヴェン最後
の肖像画とされている。当時の音楽新聞に掲載。

ルイ・レトロンヌ作(1821年)

ベートーヴェンの肖像画

ベートーヴェンの肖像画

アウグスト・フォン・クレーバー作
(褐色チョーク、1818年)〜クレーバーはこの絵を描いた時の印
象を「彼の唇は固く結ばれているがその口元はやさしくないとは
決していえない表情が漂っていた」と後に語っている。

ヨーゼフ・シュティーラー作(1819-20年)死後最もポピュラーにな
った肖像画。左手に持っているのは「ミサ・ソレムニス」の楽譜でこ
の絵はフランクフルトのアントニー・ブレンターノの依頼で描かれ
た。

もどる     すすむ